三重県紀北町の大花火大会|巨大燈籠と花火の競演

今回の見どころ

巨大燈籠イメージ

今年の大燈籠は「孔雀」を製作します。大燈籠の「光明孔雀」と、花火の「彩雲孔雀」との共演をお楽しみください。

<大燈籠について>

大きさ・高さ10m×幅14m、重量2トン、電球・約500個

製作期間:2017年5月11日(木)~7月21日(金)、19:30~21:30頃まで(日曜日は休み)

場所:紀伊長島駅前「ふれあい広場マンドロ」

※平日は毎日作業を行います。誰でもご参加いただけます。

 

当日は町中が燈籠祭

イベントイメージ01 イベントイメージ02

イベントについて・・・

「和心一祭」の想いを込め、孔雀に見立てた踊り子が町内各地でメイン会場を目指して羽ばたきます。

【幸せ運ぶ 孔雀の舞】

主婦の店での演舞を皮切りに、オークワ、回生病院、ショッピー等※町内各所にて総勢15チーム約200名(予定)による、よさこい大パレードと飴まきを実施します。
会場入り後は、会場内パレードにて締めくくります。
※ルート追加の予定有り。

ルートの詳細はこちらをご覧ください

 

【ステージイベント】

会場内メインステージでは、オープニングイベントを開催し、各チームによるよさこい演舞のほか、孫太郎太鼓、アババイン等によるステージイベントで祭を盛り上げます。
クライマックスイベントではテーマの「和心一祭」を体現する、参加者、来場者が一つになる演出を行い花火打ち上げへとつなげます。

また会場内では保育園、幼稚園制作のミニ燈籠や中学生が作った箱型燈籠を会場内に設置、提灯などでも飾りつけし、来場者だけではなく製作に関わった人たちに向けても一緒に感動を味わっていただきたいと思います。

ステージイベントの詳細はこちらをご覧ください