燈籠祭の花火

2018年5月27日 0 By tourou2018

燈籠祭の花火といえば!!

そう、ここでしか見れない花火「彩雲孔雀」です。


なぜ、彩雲孔雀が燈籠祭でしか見れないかと言うと、花火を打上げる堤防が直線ではなく、
折れ曲がっている為に横に広がる花火でも他の花火に引火する心配がない為です。

こんな感じにね。

どうですか?彩雲孔雀!!


2017きほく燈籠祭フォトコンテスト「実行委員長賞」岡広樹様作品

昨年の大燈籠「光明孔雀」とのコラボも素敵ですよね。
そして、昨年はSNSで燈籠祭の花火が広まり
「こんな夢みたいな景色ある?」「CGじゃないんだよね?」「一瞬、事故ではないかと疑うレベル」
「自分の正面いっぱいに花火が広がっていました」「なんですかこの三重の花火。半端ないやんけ」
等々、感動の声がSNSに溢れかえっていました。


2017きほく燈籠祭フォトコンテスト「デジタル部門」入賞竹谷円香様作品


2017きほく燈籠祭「花火賞」佐藤芳幸様作品

どうですか?このように視界一面に花火が広がるのです。
インスタグラム「#きほく燈籠祭」を検索していただくと沢山写真がアップされています。
燈籠祭の公式のインスタグラムも始めました。そちらも是非チェックしてくださいね。