2021きほく燈籠祭開催中止について

 昨年から続く新型コロナウイルス感染症が日本全国に蔓延しており、緊急事態宣言やまんえん防止等重点措置が各都道府県に出されるなど、終息に見通しが立たない状況です。これに伴い、多くのイベントや祭などが自粛せざるをえない事態となっています。

 例年5月初旬から2ヶ月半の長期間にわたって、多くの方が「ふれあい広場マンドロ」に集まり、燈籠製作に携わるということが、燈籠祭の魅力のひとつでありますが、それは避けるべき3つの密(密閉、密集、密着)の要素を備えていることとなります。また、祭当日は県内外から多くの来場が見込まれます。本来、町を元気にすることを大きな目標としている燈籠祭が、逆に皆様の感染リスクを高めることになってはならないと考えております。当実行委員会においても、燈籠祭開催に向けて会議を重ね、鋭意準備を進めてきたところですが、感染症予防の観点から避けるべきと判断せざるを得ませんでした。

 つきましては、2021きほく燈籠祭の開催を中止することを決定いたしましたので、ここにお知らせします。

 平素よりご支援いただいている関係者の皆様、また燈籠祭を毎年楽しみにしていただいているお客様に対して、大変申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが、感染症を出さない、広げないための判断としてご理解をいただければ幸いです。

 昨年は中止となり今年こそ燈籠祭を開催したいと熱望していました我々実行委員会にとって、苦渋の決断であり大変残念でありますが、2022きほく燈籠祭の開催に向けて1年以上の期間をかけてしっかりと準備をしていく所存です。

来年はさらに多くの皆様が参加し、楽しんでいただける祭とするため、実行委員一同力を合わせて取り組んでまいりますので、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Leave a Comment