2021きほく燈籠祭供養花火について

盛夏の候 皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。 平素は、当実行委員会の活動に対し、多大なるご理解とご支援を賜り厚く御礼を申 し上げます。

さて、昨年から続く新型コロナウィルス感染症はまだまだ予断を許せぬ状況ではご ざいますが、当実行委員会は今出来る範囲内で出来るだけの事をしようと祭開催に向 けて会議を重ね、例年の様な規模の祭ではなく、中止した昨年度と今年度の供養花火 を打ち上げようと企画し、「2021 きほく燈籠祭供養花火」を打ち上げさせて頂きました。 

開催に際しましては、新型コロナウィルス感染症拡大防止に向けた三重県指針及び 指針別冊イベント基準を基に当実行委員会が独自にタイムライン・ガイドラインを定 め感染拡大対策を実施した上で行いました。 

平素よりご支援いただいている関係者の皆様、また燈籠祭を毎年楽しみにしていた だいているお客様に対して事前にお知らせをしなかったのは不特定多数の集客を促さ ない、3つの密(密閉・密集・密着)を避ける、感染症を出さない、広げないための 判断としてご理解をいただければ幸いです。 

我々が想う「燈籠祭の灯」とは・紡がれてきた伝統の灯・町を明るく照らす元気の 灯・未来を担う希望の灯・故人を想う慈しみの灯であると考えています。これらの灯 を消さないように、来年は多くの皆様が参加し、楽しんでいただける祭となるよう、 実行委員会一同力を合わせて取り組んでまいりますので、より一層のご支援とご協力 を賜りますようお願い申し上げます。 

Leave a Comment